シルバーデザイナー・井上彩名の独り言
FC2ブログ




装身具というよりは、刺青(タトゥ)を入れるように…
シルバーで身体の一部をカスタムしたかった
そして今、身に付けるモノより使える道具に興味があって
葉巻を、より楽しむ為のシガーホルダーを
銀で個別特注で製作しています



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
色々と試作しています
<試作その1>
プレミア用のシガーホルダーの試作をあれこれと試してみてます。
銀になってるのも一本あるので、色々とシガーを吸ってみたり、吸ってもらったりしてますが、
驚きの発見も色々とあり(まだ詳しくは話せないけどね)
やっぱりドライシガーよりも、奥の深いモノなのだなぁ~とシミジミと実感している次第です。
ああ…ホントにまだ、抽象的にしか言えないのだけど、
シガーの持つ歴史や、そのシガーのお里や生い立ちが、
道具を通じて語り掛けてくる、そんな気がしてなりません。
それに、やっぱり元々、貴族のお遊びの為の道具だったのだなぁ~と実感しました。
とにかく、道具がシガーを選んでいるよーにしか思えないのです。
そして、銀のホルダーに美しくハマるシガーってのもあるみたいで…
シガーもホルダーを選んでいるというか…
正直、プレミアは、一本で全部吸えるモノにしない方がいいんじゃないか??って
思い始めているんですよ。(いや、物理的には、出来たんですけどね)
とにかく、「こりゃ、私の仲間達にも色々と試してもらわんとなぁ~」っていう道具みたいです。

<試作その2>
なんとパイプのタンパーも試作開始してます。
まだ銀にさえなってないというか…原型さえ完成してないのですけどね・・・(^^ゞ
「銀のイカしたタンパーあるといいなぁ~」との声で、試作開始したのですが、
私…実はパイプは挫折組でして…(^_^;)
葉巻に対するよーな愛が足りないのか…??
皆さんが、どんな銀のタンパーを夢想してらっしゃるのか、イマイチ分からん…
って感じなのです。(^_^;)
しか~しっ!!
パイプ愛好者の皆様には、ご自分の欲しいタンパーってこんな感じっ!!と、
私に吹き込むチャンスでもある訳です。(笑)
「こんなデザインのタンパがあったらなぁ~」とか
「この長さで、この細さで、この模様」とか
「こんなフォルムのタンパーがいい」とか
とりあえず、私が作る(作れる)作品かどーかは別にして、
アイディア出してみたら、もしかしたらご自分好みの一品が生まれるかも??なのです。

とにかく、ビリガーエクスポートの特注のご依頼の作品を製作しつつ、
試作もしている今日この頃。近況報告でした。
スポンサーサイト
とっくに明けちゃいましたね…(^^ゞ
もう、「明けましておめでとうございます」は、聞き飽きちゃいましたよね…(^^ゞ

しばらくブログも更新してませんでしたが、
なんだか、昨年の暮れは色々とバタバタしちゃってまして…
実は、私には三年前に大往生の15歳で他界した愛猫がいたのですが、
その猫の闘病記を、今、月刊コミック誌で連載してまして、
その原作の執筆作業に追われているのですが、
とにかく、年末まではペースがつかめなくてヘロヘロで、
他の文章を書く気力が残ってなかったのです。('~`;)
スミマセン…m(__)m

原作の執筆中は、だいたいビリガーを吸っていて、
私のホルダーは、使い込まれたいぶし感が出てきたので、
中だけ時々洗ってヤニをリセットして、外は磨かずに使ってみてた。
鎖骨にはいぶしが掛からないように仕上げていたので、
それが成功しているか、チェックしてみたかったのだけど、
結果は見事に鎖骨にはいぶし掛かってないでしょ。(⌒^⌒)b
このいぶしは、ウィノールのついた鹿革で磨いたら、すぐにリセットできちゃう。
彩名ホルダー

さてさて、年末は、初のプレミアム用のシガーホルダーの製作を開始してました。
第一号のホルダーは、もうすぐ完成すると思いますので、楽しみにしていてくださいね。

その前に、物凄く細密なレリーフの特注ビリガーホルダーを、
HPにUPしたので、よかったら観に行ってやってください。
Y氏ホルダー

FROM AYANA INOUE
シガーホルダー特注は、聞いたもん勝ちっ!!(^O^)
さてさて、フルオーダーに関しても、
なんとなくは、HPをご覧頂いて分かると思うのですが、
実際に、どうやってオーダーしたらいいんだろう…と、お困りではないですか?

一番イイのは、
とりあえず、メールでなんでも聞いてみるっ!! 
これにつきますっ!!(⌒^⌒)b
ご相談は、無料なのですから、これを利用しない手はありません。
「抽象的なんですけど、毎日使うモノなので飽きのこない感じでぇ~」とか
「A’sの和柄好きです。和柄でなんかレリーフしたいです」とか、
「ドクロヘッドのような立体的なヘッドを付けたいなぁ」とか
こんな感じのメールから、オーダーはスタートします。

メールを出す前に、ユーザーの方に考えて頂きたい、基本的な情報としては
ご自分にあった煙管の長さ
デザイン(ご自分のパーソナリティやスピリッツも含め)
使用条件(紙巻きでは使わないとか、決まったシガリロがあるとか)
オプション(石を入れるとか、シガリロを取るピックを付けるとか)

こんな感じの事だと思います。
これを考えている時間が楽しいのではないかと思いますよ。(⌒^⌒)b

特注オーダーは、私とユーザーさんとのコラボです。
何度かメールをやり取りしていく中で、、
だんだんとデザインが固まっていくものなのですね。
お互いに「これでいきましょうっ!!」となれば、製作に入る事が出来ます。

実際の製作例をお話しすると…

<Big Wave シガー&シガレット ホルダーのケース>

千鳥町のシガーの吸えるイタリアンバール、チルコロのマスター野田氏の場合。

=スタートは=
彼のお店で、私が使っていたラッパ型の装着口の薔薇のホルダーと、
HP未発表(近日発表)のドクロのホルダーに、
鎖でシガーを取り出す薔薇の花のピックを付けたモノを見て、
「僕も作って欲しいんですけど…」と、声をかけられて…
で…実際どんなモノが欲しいの??って話になりました。

=デザインのやり取り=
「僕、サーフィンやってるんですよ。だから波とかだとイイかなぁ~と」
「そっかぁ~波ねぇ~…どんな波??」と聞いたら、
奥の厨房からサーフィンの雑誌持ってきて、
「こんな感じの波。チューブになってて最後に波が砕けてる感じの」
フムフム…
「で…ネーサンが使ってるみたいなピックを後々はカスタムしたいかも」
「じゃ、チューブの部分にピックが入るようにしてみようかな」
「ああ、いいですねぇ~それ」
「じゃあ隠し輪カン作っておこうかな」
「いいですねぇ~」
こんな感じで、だいたいのイメージを聞かせてもらったのです。
こーゆー具体的な案を頂くと、私としてもイメージが湧いてくるので、
デザインが決まりやすかったりもします。

=野田氏の最終オーダーの内容=
ラッパ状の6cmの基本のシガーホルダー
チューブの波のレリーフ(後でピックの入る穴と鎖止めの輪カン)
細かなデザインは私におまかせ
後々、カスタムでピックを付けられる輪カン(デザインに一体化)
装着口は、紙巻は別に入らなくてもOK(シガリロのホルダーに使用)

との事で、
ラフのデザインを描いて、オーダー確認してから、製作に入らせて頂きました。

=作業工程=
ワックス原型を製作→レリーフの波の砕けるイメージにもっと近づけようと微調整。
野田氏からの最終KOKを頂いた後に、ワックス原型→鋳込み→無事に鋳物へ。
ちなみに…万が一ここでワックス原型→鋳込みに失敗したら…
一から作り直しです…(ーー;)
これは、鞴(ふいご)の神様の仕業と言うか…極々まれに起こる事なのですが、
これはもう…誰のせいとは言えません。高温の世界の出来事なので…(T_T)
鋳物や陶器などは、これは避けられないアクシデントなのです。
今回は無事に成功したので、仕上げ→完成でした。
この期間、約一ヶ月ぐらいでした。

立体的な波02

↑実はこの波に輪カンが隠れているのです。(⌒^⌒)b
 この穴に、後々ピックが入る予定

立体的な波01


どうでしょう。少しは参考になりましたでしょうか?
とにかく、オーダーの場合は、
聞いたもん勝ちっ!! 
こんな感じです。(⌒^⌒)b


A's From AYANA INOUE
シガーホルダーの販売開始ですっ!!
やっと、オーダーをお受けする準備が整いました。
カートもオープンですっ!!

型を取って量産するタイプの作品ではないので、
ほとんど、在庫を持たない、受注発注作品ともなると、
皆さんからのオーダーを、どうやってお受けするか…って事に、
ずいぶんと悩んでました。(^^ゞ
(色々とご意見をくれたシガー仲間の皆さんサンキュー)

出来うる限り、皆さんのご要望にお応え出来るように、
プランを組んだつもりなので、
皆さんに楽しんで、ご自分にあった一本をオーダーして頂けたらと、
思っています。(^O^)

そうそうっ!!
カートオープンを記念して、
オープンキャンペーンを実施しています。
各1作品の限定個数ですが、何点かの作品が、
10%OFFになってますっ!!(^o^) 


カートの商品も、ほとんどが受注後に製作開始ですので、
シガーの装着口に微調整など(紙巻には使わないとか)に、
リクエストがありましたら、お気軽にお問い合わせくださいね。

A's FROM AYANA INOUE
職人と上手に付き合う事が…
一点モノのシガーシガレット ホルダーを作るようになって、感じる事なんだけど、
昔の大人達に比べて、最近の大人達は、
職人との付き合い方が、あまり上手ではないような気がする…
「量産しないの?」
「えっ?三週間もかかるの?在庫ってないの?」
こんな質問をされてしまうことがあるのだけど…
うーむ…自分だけの一品って、求められてないのかなぁ~と、
少しだけ寂しく思うんだ。

世の中には、”大人の一品”とか、”上質な~”とか”自分だけの~”
なんて、言葉が踊る、高級志向なモノ達が出てくる雑誌が多く発刊されているのに、
実際は、特注とか一点モノを作るって事に、
悲しいかな、あまり興味やリアリティがないのかなぁって思うんだよね。

まぁ、昔の大人達は、吊るしのスーツなんかなかった訳だから、
スーツはもちろん、ワイシャツだって仕立て職人に仕立ててもらっていた訳で、
職人との付き合いには慣れていたんだろうね。
お互いのコミュニケーションとか、信頼関係がウマく出来ていたんだと思うんだ。
自分だけのアイティムを作る喜び。
それは、”大人になった”って事に他ならなくて、子供はそんな大人達に憧れてた…
そういう文化が廃れてしまうのは、寂しいなぁ~とは思うんだ。

それでも、中には、今でも職人と上手に付き合う事が出来る人達も、いるんだよね。
自分が一生使うモノの自分のこだわりを職人に伝える。
職人は、それに応える。コツコツと1つの作品に取り組む。
時間は掛かるけど、豊かで楽しい時間。

職人が作った一点の作品に出会うんだっていい。
心を込めた一点に、心惹かれる人が現れる事は、
ホントに職人冥利に尽きるってもんだ。

昔…有名な煙管職人さんには、誰かの紹介が必要だったと聞く。
そして、ユーザーさんは、自分で必要な量の銀を自分で購入して、
職人さんの所まで、自分で持って行ったのだそーだ。
貴重な銀を、職人に託す事で、信頼関係が生まれ、
職人には、それを預かる責任が生まれる。

私も、そんな信頼にたる職人でありたいな…と思うよ。

次回は、職人を上手に使って、自分だけの一品が出来ていく過程を、
書いてみたいと思っているよ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。